巨人・戸郷 ツーシームに手応え「初実戦にしてはよかった」 3回2安打無失点

[ 2021年2月28日 14:17 ]

練習試合   巨人―DeNA ( 2021年2月28日    沖縄セルラー )

練習試合<巨・D> 巨人先発の戸郷 (撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 巨人・戸郷翔征投手(20)が先発し、今季初実戦で3回2安打無失点と、開幕カードのDeNA相手に順調な調整ぶりを見せた。

 今キャンプでは直球の質向上に取り組んできた。「(直球は)初回はよかったんですけど、2、3回になると少し球威が落ちてきて、もっと練習が必要かなと思いました」と振り返った。

 今オフの自主トレから習得に取り組んでいるツーシームも試し「手応えは初めての実戦にしてはよかった。将来を見据えての球なのかなとは思っていた」。開幕まで残り1カ月となり「去年と同じようにしていたら結果はでないと思うので、もっと自分に厳しくした中で開幕を迎えられればなと思います」と語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月28日のニュース