阪神・西純 開幕ローテへまた一歩前進 2回無失点に「打者に向かっていくこと意識した」

[ 2021年2月28日 05:30 ]

練習試合   阪神8ー1中日 ※特別ルール ( 2021年2月27日    沖縄・北谷 )

<練習試合 中・神>7回1死、滝野を遊ゴロに仕留めるも、帽子が顔を隠して打球を確認できない西純(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 青柳、藤浪という開幕ローテ入りが確定的な両右腕の後を受けた阪神・西純も、2回1安打無失点でまた一歩、目標に向けて前進した。

 「テンポを早くどんどん打者に向かって投げていくことを意識しました。(今キャンプ最終登板で)0に抑えられたのは良かったし、走者をためなかったのも良かった」

 7回は先頭の難敵・高橋周を中飛に抑えるなど3者凡退。8回は根尾に右前打されたが、後続を落ち着いて打ち取った。これで実戦4試合で計11回を投げ、自責点5。課題をクリアしながら、初の1軍キャンプを完走間近だ。高卒新人だった昨季は1軍登板はなかったものの、今季注目の成長株。「今日と同じで自分の投球をしっかりするだけ」と、開幕ローテの1枠をつかみ取るべくアピールを続ける。(山添 晴治)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月28日のニュース