大谷、100マイル直球に笑顔 ライブBPで1004日ぶり大台マーク

[ 2021年2月28日 07:38 ]

力強いキックバックも復活した大谷(エンゼルス提供)
Photo By 提供写真

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は27日(日本時間28日)、今キャンプ2度目の実戦形式で打者相手に投げる「ライブBP」に登板し、この時期早くも100マイル(約161キロ)の直球を投げ込んだ。打者延べ8人に35球を投げ無安打、9スイングで空振りは5つ奪った。

 大谷がメジャーの春キャンプでを計測したのは初めて。18年5月30日のタイガース戦で101.1マイル(約162.7キロ)のメジャー最速を記録して以来、1004日ぶりの大台マークとなった。降板後、笑顔も見せる大谷の調整は順調そのもの。二刀流完全復活へ準備は整った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月28日のニュース