広島・薮田が紅白戦で「強制降板」 初回8失点…3アウト待たずに攻守交代

[ 2021年2月25日 13:19 ]

広島・薮田
Photo By スポニチ

 広島は、沖縄春季キャンプ最終クールの25日に紅白戦を実施し、白組先発の薮田和樹投手(28)に「鬼采配」が下された。

 初回無死二、三塁から堂林に左前への2点適時打を浴びて先制点を献上。続く鈴木誠を空振り三振としてからが悪夢だった。

 会沢に四球を与えると、続く大盛から6者連続で安打を浴びて1イニング8安打8失点。球数が48球を数えて、1死しか奪えていない状況にも関わらず攻守交代が命じられた。

 2回以降も登板するも、3回に正随に右越えソロを被弾して2回1/3、被安打11、9失点。予定の4イニングを投げきれずに、1イニングを予定していた2番手・田中法が回またぎをして補った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月25日のニュース