ヤクルト・スアレス、最速147キロ フリー打撃初登板30球で安打性0

[ 2021年2月25日 05:30 ]

フリー打撃に登板するスアレス(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトのスアレスがフリー打撃に初登板した。30球を投げて最速は147キロを計測し、ドラフト5位・並木(独協大)、松本友に安打性の当たりを許さなかった。

 1月15日に来日し、2週間の自主待機を経てキャンプ初日から参加。最終クールで打者に投げるところまでこぎ着け「計画通り順調にきた」と言い、高津監督も「いい投球だった。先発ローテーションの1人として計算している」と安堵(あんど)した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月25日のニュース