3年目の西武・山野辺4の4躍動! 今季から外野にも挑戦中 ユーティリティー男に名乗り

[ 2021年2月25日 05:30 ]

練習試合   西武4-5オリックス ( 2021年2月24日    SOKKEN )

<オ・西>4回1死、左前打を放つ山野辺(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 西武の山野辺が4打数4安打と躍動した。2回にオリックス・山崎福から中前打を放つと、4回に榊原から左前打、6回には快足を飛ばして能見から遊撃内野安打。8回1死一塁では左前に運んで富山からエンドランを決め、異なる4投手から安打を積み重ねた。

 「昨日ヒットが出なかったので、反省してちゃんと振り切ろうと思っていた」。実戦4試合で12打数7安打、打率・583と絶好調だが「まだまだ練習でもミスショットが多い」と慢心はない。

 3年目の26歳。この日は本職の二塁で出場したが、今季から外野手にも挑戦中だ。南郷キャンプでは無観客の中、大声でチームを盛り上げ、辻監督は「内外野を走り回って元気に頑張っていた」と野手のMVPに選出。実戦での外野起用にも「守らせる時はあると思う」と前向きな姿勢を見せた。外崎、スパンジェンバーグに次ぐユーティリティー「第3の男」に、山野辺が高らかに名乗りを上げた。(花里 雄太)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月25日のニュース