開幕1軍諦めん!日本ハム6位・今川、自慢の長打力見せたフェン直三塁打 25日紅白戦でラストアピール

[ 2021年2月25日 05:30 ]

中日との2軍練習試合で2回無死、今川は中越え三塁打を放つ(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト6位・今川優馬外野手(24=JFE東日本)が24日、中日2軍との練習試合で再起の一打を放った。23日の2軍合流後、初の実戦に「5番・左翼」で先発出場。2回に中堅フェンス直撃の三塁打を放ち、視察した栗山英樹監督(59)に長打力をアピールした。2軍キャンプは26日に打ち上げとなるため、急きょ組み込まれた25日の紅白戦で最後のアピールを狙う。

 キャンプの成果が表れた一打だった。2回先頭で迎えた、今川の2軍での実戦初打席。中日の右腕・岡野のカットボールを豪快にすくい上げた。本人は「駄目かなと思った」と諦め半分だったが、風にも乗って打球がぐんぐん伸びた。ジャンプした中堅・遠藤のグラブの網にかからず、フェンス最上部を直撃。惜しくも初本塁打とはならなかったが、打球が外野を転々とする間に三塁へ到達した。

 「風もあったかな。飛距離はこのキャンプの成果が出たと思う」。試合前には頭に巻き付けたゴムボールをパンチで打ち返す動体視力強化の練習を欠かさない。そしてここまで連日の振り込みで鍛えた腕力が、最後のひと伸びを生んだ。

 キャンプインから1軍だった今川の2軍合流は、途中出場ながら2安打した21日の中日戦後に発表された。栗山監督は他の1軍外野手の出場機会確保と、今川の今後の実戦出場機会確保も考慮して試合前から決めていたと明かした。「結果が全ての世界。覚悟はしていた」と今川。その上で「悔しかった。その日はずっと落ち込んでいた」と打ち明けた。

 しかし、これで開幕1軍のチャンスが消えたわけではない。栗山監督が「今だったらもう一回チャンスがある」と話すように、今後のアピール次第では再度1軍合流のチャンスは巡ってくる。日本ハムの外野陣は大田、西川、近藤の主力3人は不動の存在。さらに松本剛、浅間、王柏融ワンボーロンら1軍入りへは高い壁が立ちはだかる。指揮官が「ただ打てばいいわけじゃない」と話すように、1軍に生き残るためには圧倒的な打力を示すか、守備、走塁面でもさらにレベルを上げる必要がある。

 13日の1、2軍合同紅白戦が雨天中止となったため、25日に再度アピールの舞台が用意された。2軍メンバーにとっては26日の2軍キャンプ打ち上げ前の最後の実戦となる。「また1軍に上がれるように気持ちを切り替えて頑張る」。試合後にはチャームポイントの笑顔が戻り、報道陣に対しても「またよろしくお願いします」と律義に頭を下げてバスに乗り込んだ今川。豪快な三塁打で再スタートを切った道産子大砲が、開幕1軍入りを目指して存在感を示す。(東尾 洋樹)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月25日のニュース