阪神 朝イチものまね大会!? 佐藤蓮はジャイアン、小野寺は「逆転イッパツマン」からの陽川

[ 2021年2月25日 10:55 ]

阪神・佐藤蓮
Photo By スポニチ

 阪神の沖縄・宜野座キャンプ最終クール初日が25日、スタート。「1日キャプテン」に指名されたドラフト3位・佐藤蓮投手(22=上武大)と育成・小野寺暖外野手(22)が、ともに朝の声出しでモノマネを披露し、疲れの見え始めたチームを鼓舞!?した。

 まずは佐藤蓮。「きょうのテーマは明るく楽しく元気よくです。最終クールで体も疲れていると思うんですけど、心は元気に、明るく、楽しくやっていきましょう!」とマジメな口上の後、いきなり「ちょっとモノマネします。ジャイアンいきます!」。人気アニメ「ドラえもん」のメインキャラクター、ジャイアンの常套句である「おい、のび太、野球しようぜ!」を披露して大爆笑と拍手喝采を受け、選手たちの心に火を付けた。

 続く小野寺は「出ばやし」代わりに北川打撃コーチの現役時代の登場テーマ曲「逆転イッパツマン」とともに選手の前へ。登場から笑いを誘った半面「テーマはハングリー精神を持ってやること。ハングリー精神とは自分の現状に満足せず高い意欲を持って取り組むことです。キャンプも残り1クールですが、高い意欲を持って、もっとレベルアップできるよう、やっていきましょう」と語りかけ、「もう一つテーマがあります。もう一つは渋い選手になろうです。今、出てきたときのテーマ曲は北川コーチの登場曲で逆転サヨナラ優勝決定代打ホームラン。とても渋いです。ファンの方や、選手のみなさんに覚えてもらえるような、渋い選手になりましょう」と、マジメに熱弁をふるった。北川コーチの偉業から「満塁」が抜けたのは、ご愛敬だろう。

 最後は「以上です…ですが、渋いと言っても、どのような選手が渋いか分からないと思うので僕が一番、憧れているチームで一番、渋い選手のモノマネをしたいと思います」。「7番、ファースト、陽川、背番号55」のアナウンスと登場テーマ曲が流れる中、小野寺いわく「渋い男」陽川のモノマネを繰り出し、練習へ入った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月25日のニュース