阪神・井上が左膝打撲の診断受け宿舎で治療 23日の練習で負傷

[ 2021年2月25日 10:20 ]

阪神の井上
Photo By スポニチ

 阪神・井上広大外野手(19)が25日、沖縄宜野座の本隊から離れ、宿舎で治療を行った。

 23日の居残り特守「デスノック」に志願参加した際に左膝を痛め練習を途中で切り上げていた。24日に沖縄県内の病院で検査を受け「左膝の打撲」と診断された。今後については様子を見て練習復帰を見極めていく。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月25日のニュース