オリックス・宮城 開幕ローテへ猛デモ3回無失点「良い感覚で投げられた」

[ 2021年2月25日 14:39 ]

練習試合   オリックスB組―九州独立・火の国 ( 2021年2月25日    宮崎・清武第2 )

オリックス・宮城大弥
Photo By スポニチ

 オリックスの高卒2年目左腕・宮城が25日、九州独立・火の国との練習試合に先発し、3回2安打無失点。開幕ローテーション入りへ、アピールした。

 「真っすぐを主体にして、変化球でもどんどん(ストライク)ゾーンに投げて勝負するということを意識してマウンドに上がりました。真っすぐでファールを取れたことが優位に進められた要因だと思います」。昨季は同期のロッテ・佐々木朗、ヤクルト・奥川を差し置いて高卒新人唯一の白星を記録。期待の左腕が目指すのが直球の進化で、順調な仕上がり具合を示した形。

 「変化球も全種類がボール球になっても際どく、いけましたし、走者が出た場面でも自分の間合いで投げられましたので、良い感覚で投げられたと思います。今後の試合も今日以上に良い感覚を出せるように練習から取り組み、どんどんアピールして開幕ローテーションに入れるようにがんばります」と力を込めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月25日のニュース