レイズ・筒香 勝負の2年目キャンプイン…精力的な動きに指揮官「とてもいい状態に見える」

[ 2021年2月25日 05:30 ]

打撃練習するレイズ・筒香(球団提供・共同)
Photo By 共同

 レイズの筒香が、フロリダ州ポートシャーロットでキャンプインし、キャッチボールや守備練習、フリー打撃で精力的に動いた。契約最終年の2年目。走攻守に鍛え、ケビン・キャッシュ監督は「とてもいい状態に見える」と評した。

 昨季は打率・197、8本塁打、24打点と振るわず。チームがワールドシリーズに進んだポストシーズンでも先発を外れる試合が多かった。今キャンプでは昨季こなした外野、三塁に加え、一塁の守備にも取り組む予定。

 初日のグラウンドでは一塁守備練習はなかったものの「チームの方針に従うだけ。準備するだけ」と言う。キャッシュ監督は「本当にインパクトを与えてくれることを確信している」と期待を寄せた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月25日のニュース