巨人・梶谷が移籍後初の対外試合で2安打 1番打者として「後ろが誰かよりは自分がどうしたいか」

[ 2021年2月25日 15:41 ]

練習試合   巨人4―3中日 ( 2021年2月25日    沖縄セルラー )

<練習試合 巨人・中日>5回1死一塁、梶谷はこの日2本目の安打を放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 DeNAからFA加入した巨人・梶谷隆幸外野手(32)が中日との練習試合「一番・右翼」で先発出場。移籍後初の対外試合で第一打席に右翼線二塁打を放った。5回の第三打席でも左前にしぶとく落とし、“デビュー”戦で2安打した。

 坂本、丸の前を打つことについては「違いは正直、感じないようにしてますし、後ろが誰かよりは自分がどうしたいか、ということを打席の中で考えてやるタイプなので出塁率を上げたいという意味ではあまり変わらないかな」と語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月25日のニュース