西武・山川が26日から1軍に合流 右足首痛から慎重な調整も23日の2軍戦で場外弾

[ 2021年2月25日 17:34 ]

西武・山川
Photo By スポニチ

 西武は26日の全体練習(高知・春野)から山川穂高内野手(29)、佐藤龍世内野手(24)、鈴木将平外野手(22)が1軍に合流する。

 昨秋に右足首を痛めていた山川は、23日の阪神2軍との練習試合で左翼へ場外弾を放っており「キャンプでやってきたことを最後に出せた」と万全の状態。内野の佐藤は左ふくらはぎの違和感で実戦復帰のめどが立たないベテランの中村と入れ替え、外野の鈴木は来日未定のスパンジェンバーグの代役として期待される。

 また、通算2000安打まで残り74本で開幕を迎える37歳の栗山は27、28日に行われるロッテとの練習試合には出場せず、所沢で調整。3月2日に再合流し、3、4日の日本ハムとのオープン戦(札幌ドーム)に出場する見込みだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月25日のニュース