阪神ドラ5村上がキャンプ最多の60球投げ込み 多彩な変化球に手応え「投げていて楽しかった」

[ 2021年2月25日 20:02 ]

ブルペンで投球練習する村上頌樹投手
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト5位・村上頌樹投手(22=東洋大)が23日の投球練習から解禁した変化球の手応えを明かした。

 「半年ぶりぐらいに捕手を座らせての変化球だったので、投げていて楽しかったですね」

 捕手を座らせ、カーブ、スライダー、チェンジアップ、フォークボールの持ち球全てを交えながら今キャンプ最多の60球を投じ、投げることのできる喜びを改めて噛みしめた。

 昨秋に右前腕肉離れを発症したが、今キャンプでは初日からブルペンに入るなど回復は順調。「だいぶ体も良い感じに動いてきているし、練習にも慣れてきたので。シーズン通して戦えるような体作りを帰ってからもやっていきたい」と先を見据えた。
 

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月25日のニュース