中日・石川昂 初の二塁こなし内野“制覇” 仁村2軍監督はハッパ「打たなきゃ、どこ守っても一緒」

[ 2021年2月25日 05:30 ]

2軍練習試合   中日1ー4日本ハム ※特別ルール ( 2021年2月24日    沖縄・名護 )

<2軍練習試合 日・中>9回2死、石川昂は左前打を放つ(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 中日・石川昂は4番遊撃で先発し、7回から二塁を守り、今春実戦を通じて捕手を除く内野全ポジションに就いた。

 本職は三塁で、「無難にはできたと思いますが、動きが全然違うので早く慣れたい」と実感。打撃は4打数1安打で、2回はファウルで粘りつつも空振り三振に倒れ、「全体的に捉える確率をもっと上げたい」と課題を自覚した。

 仁村2軍監督も「打たなきゃ、どこを守っても一緒」と打力向上を厳命した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月25日のニュース