楽天 まさかの大逆転負け…新守護神・森原9回一挙6失点「涌井さんに申し訳ない」

[ 2020年7月23日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天7―11オリックス ( 2020年7月22日    楽天生命 )

<楽・オ>9回、逆転を許し降板する森原をねぎらう涌井(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 楽天の新守護神・森原は、この試合前まで防御率0・00だった。10試合目の登板は7―5の9回。先頭・宗の打ち取った打球が左翼前に落ちる二塁打となり、さらに若月に中前打され、今季初めて失点した。まだ1点リードがある。しかし、この1点を是が非でも守ろうとする抑え投手の微妙な心理が次のプレーで判断を狂わせた。

 無死一塁。代打・山足のバントに捕手・太田は一塁を指示したが、森原は間に合わない二塁へ送球し、これが野選となった。「少し焦りはあった」。1死二塁なら、仮に走者を還しても同点止まりだったが、無死一、二塁のピンチに。三木監督が「取れるアウトを取れずにミスするとこうなる」と話したように、相手に傾いた流れを止められずに逆転負け。森原には6失点が記録された。

 7回途中まで2失点と好投した涌井の白星も消えた。「これまでうまくいきすぎていた。涌井さんに申し訳ない。自分が逆転されると、それまでの選手の活躍がなくなってしまう。責任を感じる」。防御率0・00でシーズンを通せる抑えはいない。「同点でよし」とする割り切りが必要な時もある。「同じ失敗は繰り返さない」。チームは痛い連敗となったが、森原は今季初のセーブ失敗を今後の糧としたい。(重光 晋太郎)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年7月23日のニュース