広島 最下位脱出、ピレラ逆転満塁弾!ルーキー森下6回10Kで2勝目 阪神5連勝でストップ

[ 2020年7月23日 21:39 ]

セ・リーグ   広島4―2阪神 ( 2020年7月23日    甲子園 )

<神・広>6回2死満塁、ピレラは右越えに逆転満塁本塁打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 広島が逆転で阪神を下し、引き分けを挟んだ連敗を2で止め、中日と入れ替わって最下位を脱出した。

 2点を追う6回、阪神先発の藤浪から1死満塁とし、松山三振の後、ピレラが右越えに4号グランドスラムを放って逆転した。

 2週間ぶりの登板となった先発のドラフト1位ルーキーの森下は、初回に大山に2ランを浴びたが、2回以降は立ち直り、6回を120球、4安打2四球2失点で毎回の10三振を奪い2勝目(1敗)。森下の後は、フランスア、塹江、一岡とつないでリードを守り切った。一岡は今季初セーブ。

 阪神は1年ぶりに1軍での先発となった藤浪が5回まで無失点の好投を見せたが、6回に逆転満塁弾を浴び、7回途中で降板。打線は初回に大山の6号2ランで先制したものの2回以降沈黙し、連勝が5で止まった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月23日のニュース