ロッテ井口監督、7年ぶり8連勝に笑顔 決勝弾のレアードに「つくづくありがたい」

[ 2020年6月28日 17:50 ]

パ・リーグ   ロッテ6―5オリックス ( 2020年6月28日    ZOZOマリン )

8連勝に笑みもこぼれる井口監督撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテが13年5月以来となる8連勝。終盤までもつれた接戦を制し、井口監督は「本当に選手たちが頑張ってくれた」とナインをねぎらった。

 先発・美馬は初回に3失点も、2回以降は要所を締める投球。指揮官は「立ち上がりはボールが高かったが、その後は低めに丁寧に投げていた。美馬らしいピッチングをしてくれた」と評価した。決勝弾のレアードについて聞かれると「いいところで打ってくれる。こういう時の一発はつくづくありがたい」と笑みがこぼれた。

 オリックスに同一カード6連勝を決め、チームは7年ぶりの8連勝。「選手たちがあきらめずに最後までしっかり戦ってくれた。また来週もしっかりと戦っていきたい」と30日からの楽天6連戦(楽天生命パーク)へ気持ちをを引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月28日のニュース