DeNAエスコバー 今季初登板で155キロ!「凄くいい気持ちになれる登板」

[ 2020年6月28日 22:30 ]

セ・リーグ   DeNA9―1阪神 ( 2020年6月28日    横浜 )

<D・神>DeNA3番手のエスコバー(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 この日1軍に昇格したDeNAのエドウィン・エスコバー投手が8回から今季初登板。1回0/3を無失点に封じた。

 外国人枠の関係で開幕から2軍で過ごしていたが、この日先発のピープルズが出場選手登録を外れたことがエスコバーが昇格。近本から155キロ直球で空振り三振を奪うなど今年も剛球を披露した。

 「今日一軍に合流して、凄くいい気持ちになれる登板になったと思います。結果も良かったですし、今後につながる登板になりました。次の登板を楽しみにしたいです」と振り返った左腕。この日はロペスがベンチを外れて野手2人(ソト、オースティン)、投手2人(パットン、エスコバー)体制で挑んだが、今後の外国人選手の起用法も注目される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月28日のニュース