巨人 6回に救援3人が一挙7失点で逆転許し原監督「何もフォローできない」

[ 2020年6月28日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人6―9ヤクルト ( 2020年6月27日    神宮 )

<ヤ・巨>6回途中でマウンドを藤岡(左)に譲る宮国(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人は開幕から好調を維持してきた中継ぎ陣が勢いにのまれ、逆転負けした。岡本、パーラの本塁打などで逆転して4―2で迎えた6回。高木が村上にソロを浴び、宮国は青木に2点打、藤岡は山田哲に満塁弾と、3人が一挙7失点で逆転され、原監督は「3人投げさせて7点は何もフォローできない。本来の投球ができなかった」と総括した。

 試合前時点の7試合は、述べ28人のリリーフでわずか4失点。防御率1.44の安定感を誇っていた。原監督は6回の攻撃で先発・田口が適時打で二塁まで進むと、代走を送って次の1点を狙った。6回から継投策に出たが宮国、藤岡は四球が絡んでの失点と期待に応えられず、宮本投手チーフコーチは「やはり四球。あのような投球では信頼を勝ち取れない」と奮起を促した。(神田 佑)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月28日のニュース