阪神 課題の救援陣は相変わらず不安定 守屋、エドワーズ離脱…苦しい台所事情

[ 2020年6月28日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神8-6DeNA ( 2020年6月27日    横浜 )

<D・神2>7回、降板する岩崎(手前)と矢野監督(右)=撮影・小海途 良幹
Photo By スポニチ

 攻撃陣の奮起で勝利をもぎ取ったとはいえ、阪神の中継ぎ陣は変わらず不安定さを露呈した。今季ブルペン陣の主力として計算していた守屋が右肩痛、エドワーズが右肩のコンディション不良を訴え、そろって戦線離脱。2軍からこの日初勝利を挙げた伊藤和、福永を戦列に加えたが、台所事情の苦しさは否定できない。

 2点リードの5回に2番手で登板した能見が先頭オースティンの二塁打からピンチを招き1失点。6回には3番手・谷川が2死二塁とされ降板。代わった岩崎も2死満塁とピンチを拡大しオースティンに2点打を浴びた。

 スアレス、伊藤和、藤川の3人が無失点継投で試合を立て直したが、昨季リーグNo・1の防御率を誇ったブルペン陣からすれば、ほど遠い内容で今後に向け、不安が残った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月28日のニュース