楽天・池田 ウィーラーとのトレードに「びっくり」 新天地での活躍誓う「役割をまっとうしたい」

[ 2020年6月28日 12:33 ]

 トレードで楽天入りした池田駿投手(27)が28日、仙台市内の球団事務所でオンラインによる入団会見を行った。背番号は72に決まった。

 ウィーラーとの交換トレードで巨人から移籍した4年目左腕。「元々、持っていた」という楽天のチームカラーを意識したエンジをベースにしたネクタイ姿で会見に臨んだ。「左投手ということでチャンスがあると思う。先発、中継ぎ、任されたところで役割をまっとうして、ファンの方にも早く顔と名前を覚えてもらえるようにしたい」と意気込んだ。

 同席した石井一久GM(46)は「左投手のスポットが空いている。先発、リリーフと役割を模索して1軍に上がれるようにサポートしたい」と話した。オンライン会見のため途中、映像に不具合が生じる場面もあったが笑顔で同じ答えを繰り返すなど、誠実に対応した新戦力。

 ウィラーとの格差トレードなどと報じられたが「すごい選手とのトレードでびっくりした。でも、僕も必要とされてきたので、役割をまっとうしたい」と新天地での活躍を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月28日のニュース