ロッテ・佐藤の母校、聖光学院・斎藤監督「この一打で都志也の立ち位置も変わってくる」

[ 2020年6月28日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ2―1オリックス ( 2020年6月27日    ZOZOマリン )

聖光学院・斎藤監督
Photo By スポニチ

 【ロッテ・佐藤の母校、聖光学院・斎藤智也監督に聞く】

 ――佐藤選手がプロ初安打でサヨナラ勝利を呼び込みました。

 「まだ試合は見られていないが、最高の場面でもらったチャンスをものにしたというのはとにかくうれしい知らせ。その場面で起用される選手になったのもうれしい」

 ――高校時代から持っている選手だった?

 「試合に出られなくても我を強調することもなかったし、そこまでインパクトはなかった。でも、とにかく素直で正直者。律義で冷静な性格だった。足も肩もあったが、まだ全部がガチャガチャで、細かいバットコントロールも課題だったので、高校でプロ入りしていたらもっと苦労していただろうね」

 ――今後が楽しみ。

 「プロの体に仕上がってきて、良いスイングを持っている。この一打で、都志也の立ち位置も変わってくるでしょう。捕手以外の場所でも起用してもらえる可能性をしっかり広げたと思うので“本物”になってほしい」

 ▼東洋大・杉本泰彦監督 1年目から貢献する打撃ができて良かった。開幕1軍に入ったという電話の連絡をもらいました。打撃はしっかりと面で捉えられるし、バットコントロールもうまいので心配していない。(大学では)外野に専念させる可能性もあったが、彼は捕手がやりたいと一生懸命練習して、課題を克服した。これからも自信を持って頑張ってほしい。経験を積んでいけば、まだまだ伸びる選手だと思っています。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月28日のニュース