ヤクルト・青木 代打で逆転タイムリー「良い仕事ができた」

[ 2020年6月28日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト9―6巨人 ( 2020年6月27日    神宮 )

<ヤ・巨>ヒーローインタビューでソーシャルディスタンスをキープしたつば九郎からマイクを向けられる青木(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・青木が逆転打を放った。6回1死満塁から代打で登場。宮国の外角へのシュートを左中間へはじき返した。「初球から打てる球は打とうと思っていた。良い仕事ができた」と振り返った。

 朝、高津監督から体の状態を確認され「いけます。元気です」と答えたが、シーズンをトータルで考え、チーム方針で代打のみの出場が決まった。

 指揮官は「さすがですね。一振りでしっかりとした打撃ができる。感心するばかり」と脱帽した。無観客であることを考慮して外野からでも大声で投手に声を掛ける主将。後輩に負けない存在感を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月28日のニュース