巨人・岡本、2戦連続アーチ 適時打含む3安打で好調キープ

[ 2020年6月28日 15:43 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2020年6月28日    神宮 )

<ヤ・巨>6回1死、岡本はソロホームランを放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の岡本和真内野手(23)がヤクルト戦(神宮)で2試合連続となる今季4号ソロを放った。

 「4番・三塁」で先発出場。8点リードで迎えた6回の第4打席、1死走者なしの場面。カウント1-3から相手3番手・近藤が投じた直球を捉え、打球は左翼席に飛び込んだ。

 前日の同戦に続き、2戦連続のアーチ。2回の第2打席に中前適時打、4回の第3打席には左前打をマークしており、頼れる4番が好調を維持している。

 ▼巨人・岡本 打ったのはまっすぐです。しっかり捉えることができましたね。(好調について)はじまったばかり。気は抜けない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月28日のニュース