オリックス 今季2度目のサヨナラ負けで5連敗…西村監督「ふがいないですね」

[ 2020年6月28日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス1―2ロッテ ( 2020年6月27日    ZOZOマリン )

<ロ・オ>9回、ロドリゲスの左前打で本塁をついた佐野はタッチアウト。右は投手交代を告げる西村監督(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 オリックスは今季2度目のサヨナラ負けで5連敗となった。9回無死一、三塁で、この日に神戸から千葉入りし即救援登板したヒギンスがピンチを脱したが、延長10回に登板した6番手の沢田がつかまった。

 得点は中川が初回先頭打者アーチで奪った1点だけ。9回2死二塁からロドリゲスの左前打で代走佐野が本塁を狙ったが憤死した。

 西村監督は「ふがいないですね。初回の1点だけですから」と6回2/3を1失点と好投した田嶋を援護できなかった打線を嘆いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月28日のニュース