広島・床田 2回3失点でKO 佐々岡監督は苦言「ただ投げているだけのように見える」

[ 2020年6月28日 05:30 ]

セ・リーグ   広島1-6中日 ( 2020年6月27日    ナゴヤD )

<中・広(2)>ガックリとベンチに戻る床田(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 先発した広島・床田は2回5安打3失点(自責2)と立ち上がりに苦戦すると、早々に降板を告げられた。初回に福田、高橋に適時打を許し2回にも平田に左前適時打を献上。3回の打席で代打を送られた。「右打者に内角を投げ切ることができなかった。試合をつくれず申し訳ないし、悔しいです」。最速は144キロ止まりで、ボールが真ん中付近に集まる悪循環だった。

 開幕7試合で先発投手がいずれも5回3失点以内に抑えてきた中で、初めて崩れた。佐々岡監督は「ただ投げているだけのように見える。自覚と責任を持たないといけない」と苦言。2軍では、26日のオリックス戦で野村が6回1安打無失点と好投しており、次回7月4日の阪神戦(マツダ)が先発生き残りを賭けた背水登板になる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月28日のニュース