阪神・ボーア 初適時打、初打点に初マルチ!おまけに初盗塁!「最高の勝利だね」 5回には初敬遠も

[ 2020年6月28日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神8-6DeNA ( 2020年6月27日    横浜 )

<D・神2>1回2死一塁、ボーア(左)は二盗(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 不振からの脱出がすぐそこまで来ているような働きぶりだった。打って、走って、阪神の新助っ人ボーアが躍動した。「5番一塁」で2試合ぶりに先発出場し初回2死三塁から長身右腕ピープルズの外寄りチェンジアップを左前に運んだ。24打席目での初適時打となり、初打点も記録した。

 「みんながいい形でつないでくれたし、流れを作ってくれたから、その流れに乗ることができてよかった。勝ってうれしい。最高の勝利だね」

 この試合まで5度の得点圏全てで凡退していたが、ようやく中軸として仕事を果たした。これで気分を良くしたのか、続くサンズの4球目には122キロの巨体を揺らしながら二盗に成功。来日初盗塁まで記録した。ベンチの矢野監督も拳を突き上げる矢野ガッツで積極的な姿勢を称えた。

 「自分は足は速くないけど、投手に隙があればいつでも次の塁を狙っている。今日はうまくいってよかった」

 春季キャンプの野球教室で子どもたちに指導した際に「不可能などないから挑戦することを忘れないで」との言葉をかけた。それを思い起こす姿を、この日は手本として示した。低調な状況で予想もしていない盗塁への挑戦を恐れなかった。

 1点を追う8回は先頭で国吉から左翼フェンス直撃の安打を放ち初の複数安打をマークしたところで代走に江越を送られ、お役御免となった。まさに初ものづくしの一日。5回1死三塁では初めての敬遠(申告敬遠)も経験した。来日初の適時打、打点、盗塁と上昇への好材料は見つかった。

 開幕からの18打席無安打が影響していることもあり、打率はいまだに1割台(・160)だが、先発した試合では3試合連続でHランプを灯した。打棒爆発へ、もう一歩のところまでは来ている。(長谷川 凡記)

 《阪神外国人の盗塁は4年ぶり》ボーア(神)が初回二死から二盗成功。阪神外国人選手の盗塁は16年4月19日ヤクルト戦(甲子園)8回ゴメスの二盗以来4年ぶり。新外国人では同年4月5日巨人戦(東京ドーム)3回ヘイグの二盗以来。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月28日のニュース