ソフトB 光明は新打線「1番・栗原、2番・柳田」のアベック弾

[ 2020年6月28日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク7-8西武 ( 2020年6月27日    メットライフD )

<西・ソ5>初回無死一塁 先制2ランを放ち生還する柳田(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 敗れはしたが、ソフトバンクは1・2番コンビが気を吐いた。「1番・一塁」に定着した栗原は今季1号をマークした。2回2死一塁から右翼席へ2ラン。プロ通算2号に「チェンジアップをうまく反応して捉えることができました」と自画自賛した。2四球を選ぶなどチャンスメークをしつつ、打率も・371と好調を持続している。

 今季初めて2番で先発した柳田は、初回無死一塁から先制2ランを放った。バックスクリーンへ飛び込む特大弾に「少しだけ詰まりましたけど、自分のいいスイングができました」と平然と振り返った。2番は昨年8月23日のロッテ戦以来。昨年は3試合で9打数3安打1本塁打の成績を残している。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年6月28日のニュース