阪神・マルテの四球から逆転劇始まった! 「最低限」初回犠飛や5回の三塁打など存在感あり

[ 2020年6月28日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神8-6DeNA ( 2020年6月27日    横浜 )

<D・神(2)> 代走が送られ交代したにもかかわらず9回裏の守備につこうとしたマルテ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 サンズ、ボーアの陰に隠れる形となったが、阪神・マルテも1安打1打点と4番の役割を果たし勝利に大きく貢献した。

 「打ったのはストレート。なかなか点が取れていなかったし、いい流れで自分のところに回ってきたから、絶対にランナーを還したかった。犠牲フライだったけど、最低限の仕事はできたと思うよ」

 初回1死二、三塁の好機で初対戦となった相手先発右腕ピープルズからキッチリと右翼へ犠飛を打ち上げた。自ら「最低限」と自嘲気味に振り返ったが、貴重な先制点だった。5回には右越えの打球で懸命に走って三塁打とし存在感を示した。

 そして土壇場の9回には、逆転劇の口火も切った。2死無走者から持ち前の選球眼で四球を選び、出塁。この四球が結果的に、サンズの逆転3ランにつながった。開幕から打線が低調な中で孤軍奮闘を続けてきた「M」。その貢献度は、攻守両面できわめて大きい。(惟任 貴信)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月28日のニュース