中日・梅津 自己ワースト5回7失点KO「自分の悪いところが全部出た」

[ 2020年6月28日 16:15 ]

セ・リーグ   中日―広島 ( 2020年6月28日    ナゴヤD )

<中・広>2回2死二塁、ピレラに左前適時打を打たれ、ガックリの梅津(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の先発・梅津は自己ワーストとなる5回10安打7失点で降板。

 初回こそ1死一、二塁のピンチで鈴木誠を空振り三振に仕留めるなど無失点で切り抜けたが、2回に4安打を集中され4失点。4回はピレラ、5回は堂林に一発を浴びるなど毎回被安打を喫した。

 7失点は自己最多で「自分の悪いところが全部出てしまいました。強いストレートも投げられなかったし、スライダーも浮いてしまい、ゲーム中に修正できませんでした」とうなだれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月28日のニュース