有藤通世氏 ロッテ・佐藤の積極性と「捕手としての目線」生きた

[ 2020年6月28日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ2―1オリックス ( 2020年6月27日    ZOZOマリン )

<ロ・オ>10回裏、サヨナラ打を放った佐藤(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 【有藤通世 視点】まずは、初球を仕留めたロッテ・佐藤の積極的な姿勢を評価したい。負けがなくなった10回裏の好機。同じ代打でも、受け身になって1回しかバットを振れず空振り三振に倒れた安田とは対照的だった。

 加えて、捕手としての目線が生きた。ベンチやウエーティングサークルで、リードする立場になって相手の攻め方や球種を観察していたのだと思う。若い選手は直球系を狙いがち。2度目の対戦とはいえ、初球のチェンジアップをあそこまで思い切って振るのは難しい。この球が頭にあったからこそ、打てたのだろう。

 12球団トップの12盗塁。この日はロースコアの展開となったが、内野ゴロの間に奪った先制点といい、和田の2盗塁といい、キャンプから取り組んできた積極走塁が随所に見られる。7勝中5勝が2点差以内。終盤で2点差なら何とかなる、という雰囲気がある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月28日のニュース