巨人 坂本・大城 ともにPCR検査で「陰性」判定

[ 2020年6月4日 12:34 ]

巨人・坂本勇人内野手(左)と大城卓三捕手
Photo By スポニチ

 巨人・坂本勇人内野手(31)と大城卓三捕手(27)が3日に新型コロナウイルスのPCR検査の再検査を受け、4日の午前中に「陰性」判定が出たことが、分かった。

 2人は5月29~31日の間に感染歴を調べる抗体検査を行い、感染後に回復したことを示す「IgG抗体」を検出。慎重を期すため、専門家の指導の下で2日に行ったPCR検査で、正常値ぎりぎりの「微陽性」判定が出てたため念のため都内の医療機関に入院していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2020年6月4日のニュース