阪神・球児 緊急降板 2ラン被弾後、腰に張り 矢野監督「大事を取って」

[ 2020年6月4日 05:30 ]

練習試合   阪神10―3広島 ( 2020年6月3日    甲子園 )

<神・広>5回、福原投手コーチ(左)と言葉を交わし、降板する藤川(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 開幕が約2週間後に迫る中、守護神にアクシデントに起きた。阪神・藤川が腰の張りを訴え、緊急降板した。5回に登板し、メヒアに2ランを被弾。なおも1死一塁、打者・堂林にカウント2―2としたところで、福原投手コーチがトレーナーとともにマウンドに向かい、ベンチに下がった。

 矢野監督は「大事を取って。そんなに大きなケガにはならないと思っているし願っているんだけどね」と祈るように話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月4日のニュース