広島「三塁」メヒア“4戦連発” 「左翼」ピレラ2安打 配置転換でフル活用の新オプション機能  

[ 2020年6月4日 05:30 ]

練習試合   広島3―10阪神 ( 2020年6月3日    甲子園 )

<神・広>5回、メヒアは左越えに2ランを放つ(投手・藤川)(撮影・成瀬 徹)       
Photo By スポニチ

 広島は、助っ人2人をフル活用する新オプションが機能した。前日2日の阪神戦に、一塁で先発したメヒアを「6番・三塁」に配置転換し、三塁で先発していた新助っ人・ピレラを左翼に移した。

 すると、ピレラは、初回にガンケルから左中間への二塁打、4回には遊撃への内野安打でチーム唯一の複数安打を放った。メヒアは、5回無死一塁で藤川の147キロ直球を左翼席中段に運び、紅白戦2試合、前日2日の同戦に続く“4戦連発”と好調を維持した。

 「メヒア・三塁」「ピレラ・左翼」での併用は、実戦初の試みだった。佐々岡監督は、「メヒアが好調な中で、いろんなポジションを守らせてみたい」と狙いを明かした。

 ピレラは、チーム事情により、米時代に1試合のみの出場だった三塁に挑戦してきた。しかし、送球難を露呈。チームの懸念材料となっていた中で、三塁守備に定評のあるメヒアが台頭し、ピレラが主戦とする左翼での起用を可能とした。

 ピレラは「今日は風が落ち着いていたのでプレーしやすかった」と、浜風が特徴的な甲子園で2度の飛球を難なく処理した。メヒアは、2回に三遊間の打球をダイビング捕球する好守を披露。「個人的には三塁を守りたい。(シーズンでは)DHがないので、守れないと出られない。競争を勝ち抜いて定位置を獲りたい」。打撃好調のメヒアがキーマンとなり、攻撃力を落とさないまま守備力を高める新オプションが生まれた。
(河合 洋介)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月4日のニュース