日本ハム・大田“鉄人”弾!前日左手死球も「全然大丈夫」

[ 2020年6月4日 05:30 ]

練習試合   日本ハム5ー5ロッテ ( 2020年6月3日    ZOZOマリン )

<日・ロ>初回無死一塁、2ランを放つ大田(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 日本ハム・大田が、前日に左手に受けた死球の不安を振り払う一発を放った。初回無死一塁から二木の甘い直球を逃さず、左越えへ同点2ラン。「昨日(2日)は球がマジで凄え速く感じた。今日はしっかりタイミングを取ることを考え、うまく反応できた」と笑顔だった。

 一夜明けた左手の状態については「それは全然大丈夫」と問題なしを強調。一方で、死球を受けた場面を振り返って「逃げ切れていないのは体がまだ反応してない」と試合勘不足も口にした。

 今季は6連戦が続く過密日程に「不安要素の一つ」と心境を吐露。その上で「野球以外の時間をどれだけ自分のコンディションケアに与えられるか。セルフケアだったり、いろんなところに気を張り巡らせてやらなきゃいけない」と体のケアをポイントに挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月4日のニュース