奈良の代替試合「対抗試合」は1試合2時間制

[ 2020年6月4日 20:29 ]

 奈良県高野連は4日、加盟校連絡会を開き、すでに各校1試合ずつでの開催が発表されている「令和2年度奈良県高等学校野球夏季対抗試合」について、1試合2時間制を採用することを決めた。2時間を超えた場合は新しいイニングに入らず、その時点の裏まで試合を行う。コールドは採用しない。

 また、3年生部員全員の登録を認め、観客については原則として3年生部員の保護者の内野スタンドへの入場を許可する。1人で3席分を使う形で密を避ける、との新型コロナウイルス感染防止対策も合わせて発表した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月4日のニュース