阪神2年目木浪 逆方向に本塁打 亜大の先輩・薮田から

[ 2020年6月4日 15:27 ]

練習試合   阪神―広島 ( 2020年6月4日    甲子園 )

<練習試合、神・広>4回無死、木浪は左越えにソロ本塁打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神の2年目・木浪聖也内野手(25)が4日、広島との練習試合(甲子園)で逆方向への本塁打をマークした。

 4点リードで迎えた4回に先頭打者として打席に入ると、広島先発・薮田の2球目、高め146キロを強振した。打球は低い弾道で左翼線に伸びていき、そのままスタンドイン。亜大の2学年先輩にあたる薮田に、2年目のパワーアップを証明する打球をお見舞いした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月4日のニュース