関西学生野球 春季リーグ戦は1試合総当たりで8・9開幕

[ 2020年6月4日 05:30 ]

 関西学生野球連盟は3日、大阪市内で臨時常任理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で未定となっていた春季リーグ戦の開幕を8月9日に決めた。1試合総当たりで行う。

 当初は4月4日開幕予定だったのが4月18日に延期され、4月上旬には1試合総当たりと規模を縮小して今月6日の開幕へと変更。さらに5月15日の時点では開幕日未定とされていた。現状では全加盟校が練習を再開できておらず、7月8日までに1校でも練習が再開できない状況であれば中止する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月4日のニュース