阪神 才木が1年ぶりの実戦登板 1回無失点

[ 2020年6月4日 13:46 ]

2軍練習試合   阪神―ソフトバンク ( 2020年6月4日    鳴尾浜 )

阪神・才木
Photo By スポニチ

  右肘痛で実戦から遠ざかっていた阪神の才木浩人投手(21)が昨年5月19日のウエスタン・リーグ広島戦以来約1年ぶりの実戦登板を果たした。

 先発・望月の後を受け2番手として4回からマウンドに。先頭のリチャードを146キロ直球で遊ゴロに打ち取ると、続く田城も二ゴロで簡単に2アウト。九鬼には中越え二塁打を許したが、最後は野村を143キロで左飛に抑え1イニングを無失点投球で終えた。18年には6勝を挙げるなど将来を有望される若手右腕が再スタートを切った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月4日のニュース