阪神・大山 2軍戦で豪快3点弾「1打席1打席が勝負」

[ 2020年6月4日 05:30 ]

ウエスタンリーグ練習試合   阪神8―9ソフトバンク ( 2020年6月3日    鳴尾浜 )

7回裏、阪神2死一、二塁、左越え3点本塁打を放つ大山(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 「開幕・三塁」へ阪神・大山は一歩も譲らない。前日2日に続き、出場機会を得るため、2軍練習試合のソフトバンク戦に「4番・三塁」としてフル出場。2点を追う7回2死一、二塁から左腕・大関の甘い直球を捉え、左翼防球ネット上段に突き刺す豪快な3ランを放った。

 「試合に出ている以上はファームの試合でもアピールしないといけない。そういう意味では1打席1打席が勝負なので、無駄にしないようにと思ってやっている。その結果がホームランなので、そこはよかったかなと思います」

 この日は2回に左前打を放ち、4回と6回の打席は四球を選ぶなど、全打席で出塁してアピールした。平田2軍監督も「今日も2本打って、ホームランも見事だったし、状態はいい」と評価した。

 5月29日からの実戦再開以降は4試合で打率・364と好調を誇るが、マルテの状態も良く競争はまだまだ続く。6月19日の開幕まで、残された時間はわずか。結果を出し続けることで、開幕前の争奪戦を制す。(長谷川 凡記)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月4日のニュース