ヤクルト・西浦 1発含む4安打「開幕のポジションを獲りにいかないと」

[ 2020年6月4日 05:30 ]

練習試合   ヤクルト3―5中日 ( 2020年6月3日    神宮 )

3回無死、ソロアーチを放つ西浦(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 例年通り観客が入っていれば、打った瞬間に大歓声が湧き上がっただろう。ヤクルト・西浦が、そんな豪快なアーチを描いた。先頭の3回。左翼席上段にソロ本塁打を運んだ。

 「しっかりと自分のスイングをすることができた」

 初回に左前打。5回1死の場面でもライナー性の打球で左中間を切り裂くなど、4安打と気を吐いた。「甘い球を仕留められている」。2日の試合でも途中出場で1安打2打点。好調を維持する。

 自主練習中、主に室内練習場で打撃練習に励んだ。小さくならないように「目いっぱい振った」。成果は表れ「強く振ってファウルになったり、空振りしたりするのが減っている。そこはつながっている」とうなずく。

 遊撃には新助っ人のエスコバーがいるが、西浦も食らいつく。「自分の立場的にしっかりアピールして、開幕のポジションを獲りにいかないといけない。いい準備をしてやっていきたい」。定位置の座を簡単には譲れない。(川手 達矢)

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2020年6月4日のニュース