岡山県高野連 7・18開幕で代替大会開催 センバツ代表の倉敷商が選手宣誓

[ 2020年6月4日 19:08 ]

 岡山県高野連は4日、倉敷市内で理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大のため中止となった全国高校野球選手権大会・岡山大会の代替大会の開催を決定した。

 名称は「2020夏季岡山県高等学校野球大会」で7月18日に開幕。9イニングで延長10回からのタイブレーク制をとり、トーナメントで優勝校を決める。熱中症対策としてベンチ入りメンバーは25人に設定。試合ごとの入れ替えも可能とした。控え部員はスタンドでの観戦が可能で、保護者に関しては状況を見ながら、判断していく。

 開会式は行わないが、中止となった今春選抜大会に出場予定だった倉敷商・原田将多主将(3年)が大会初日に選手宣誓を行うことも決定。多田一也会長は「教育的観点を主眼に置いて、みんなで作っていく大会になる」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月4日のニュース