ロッテ・レアード 豪快先制2ラン!無観客スタンドに“寿司パフォーマンス”披露

[ 2020年6月4日 05:30 ]

練習試合   ロッテ5ー5日本ハム ( 2020年6月3日    ZOZOマリン )

<日・ロ>初回、先制2ランのレアードが寿司ポーズ(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテ・レアードが初回2死一塁で河野の直球を左翼席中段に運ぶ豪快な先制2ラン。3ボール1ストライクからの5球目を会心のタイミングで捉え「あのカウントで打ちごろの球が来たのでミスせず良いスイングができた」と振り返った。

 一塁ベンチ前では新型コロナウイルス感染防止対策の「エアハイタッチ」で迎えられ、無観客のスタンドへもお約束の「寿司パフォーマンス」を披露。握った「エア寿司」を戸惑う荻野に食べさせ、得意げに笑った。

 活動自粛期間も「家族と過ごし、散歩したりリラックスできた。体も少し休めた」と前向きに捉える。三塁強襲安打を放った3打席目でお役御免となったが、18年まで在籍した古巣を相手に2安打2打点の助っ人は「お客さんが来たら喜んでもらえるように続けたい」と、パフォーマンスにもこだわった。

 藤岡も2戦連発の右越え2ランでチームは11安打5得点。レアードを中心に好調な打線に井口監督は「これを開幕までキープしないといけない」と手応えを口にした。 (君島 圭介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月4日のニュース