楽天ドラ3津留崎 無安打無失点デビュー、ヤクルト中山との「筋肉対決」制す

[ 2020年2月19日 16:11 ]

練習試合   楽天―ヤクルト ( 2020年2月19日    浦添 )

 楽天のドラフト3位右腕・津留崎(慶大)が、19日のヤクルトとの練習試合で実戦デビューを果たした。4点リードの7回から4番手で登板すると、先頭打者は同じ東京六大学の法大出身で「きんに君」のニックネームの持ち主でもある中山。筋トレが趣味で筋肉には絶対の自信を持つ津留崎は、3球で右飛に打ち取って「筋肉対決」を制した。

 その後も塩見を中飛、西田を三ゴロに仕留め、1イニングをわずか8球でパーフェクト投球に抑える快投を披露。直球の最速も145キロを計測し、上々のデビュー戦となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月19日のニュース