日本ハム スカウト会議で270人リストアップも「ずぬけた選手がいない」

[ 2020年2月19日 05:30 ]

 日本ハムは18日、名護市のキャンプ宿舎で今年2度目のスカウト会議を開いた。リストアップしているのは約270人。大渕隆スカウト部長は「各地区担当から上位候補を中心に名前を出してもらった」と説明し、地元・北海道の苫小牧駒大・伊藤大海投手(3年)も挙がったという。

 今年のドラフト戦線については「昨年の佐々木朗希のようにずぬけた選手がいない。各球団の需要で1位が割れる可能性がある」と見ていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月19日のニュース