マリナーズ・イチロー氏、打撃投手役備え入念投球「肩はまだ8割」

[ 2020年2月19日 02:30 ]

キャッチボールするマリナーズの球団会長付特別補佐兼インストラクターのイチロー氏
Photo By 共同

 野手組のキャンプインを18日(日本時間19日)に控え、マリナーズ・会長付特別補佐兼インストラクターのイチロー氏が50球以上に及ぶ入念な投球練習を行った。直球、ツーシーム、カットボールを投げ、最速は90マイル(約145キロ)ほど。

 「肩はまだ8割。遠投ができていないし、広背筋もまだできていない」と説明。翌日からの打撃投手役に備えてピッチを上げていた。 (ピオリア)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月19日のニュース