西武・松坂「いいペースで来ている」19日フリー初登板 打者と対戦189日ぶり

[ 2020年2月19日 05:30 ]

ブルペン投球した松坂(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武・松坂が、19日が最終日となる宮崎・南郷キャンプを、初のフリー打撃登板で打ち上げる。

 この日は立ち投げのみ約10球のブルペン投球で最終準備。フリー打撃登板は当初、この日も候補だったが、強風と気温が11度止まりの天候も考慮し、最終日を選択した。キャンプで8度入ったブルペンでは100球超えに加え、連投もこなすなど調整は順調。

 「いいペースで来ていると思う」という手応えを最終日のマウンドで打者相手に確認する。中日時代の昨季は右肩痛などに苦しみ、打者との対戦は昨年8月14日のウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦以来189日ぶり。14年ぶりに復帰した古巣のキャンプで、好調ぶりをアピールして締めくくる。 (春川 英樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月19日のニュース