筒香、キャンプ初日「充実した時間を過ごせた」 28スイングで4本柵越え

[ 2020年2月19日 07:15 ]

キャッチボールする筒香(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 レイズの筒香嘉智選手(28)が18日(日本時間19日)、米フロリダ州ポートシャーロットで待望のキャンプ初日を迎えた。

 中学時代に所属した堺ビッグボーイズ以来13年ぶりという、ライトブルーのユニフォームに身を包み、ベースランニングのあと、外野手のグループに入り、キャッチボールと守備練習を行った。 打撃練習では、至近距離から投げられる球に初球のワンバウンドを空振りしてしまうが、28スイングで4本の柵越えを放ち、「打撃投手の距離が日本より近いのは知っていたけど、想像以上に近かった。最後の方は慣れましたけど」と照れ笑いを浮かべた。
 30度の気温の中で、練習は約2時間で終了。「日本に比べたら、練習時間もすごく短い中で、内容は濃かった。充実した時間を過ごすことができました」と満面に笑みを浮かべていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月19日のニュース