巨人・ビエイラ 158キロも「まだ修正するところはある」

[ 2020年2月19日 05:30 ]

練習試合   巨人4―3ロッテ ( 2020年2月18日    沖縄セルラー )

1回を無失点に抑えたビエイラ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人のブラジル出身の新外国人ビエイラが7回に実戦初登板し、1イニングを無安打無失点に抑えた。

 「内容的には良かったけど、まだ修正するところはあると思います」。最速167キロを誇る右腕は、早くも158キロを計測。日本の野球を映像やデータで研究し、日本食も「寿司とか。だいたい全部好き」と笑顔で話した。ブルペンでは制球難を指摘する声もあったが、原監督は「実戦向きなのかもしれない」と評した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月19日のニュース